TOPに戻る。
病名別解説
糖尿病・高血糖


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



糖尿病について

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンの不足によって起こる。糖尿病になると血液中の糖が増加して、尿中に糖が出る。口渇、多尿、空腹感、疲労倦怠感、性欲減退、体重の減少、外陰部のかゆみ、化膿しやすいなどの症状があり、また神経痛や白内障などを伴うこともある。糖尿病の発症には遺伝が重要な関係を持っている。誘因として肥満、妊娠、感染症、外科手術、精神的負担、加齢などが考えられる。

◆金匱要略の消渇小便利淋病脈証弁治に「男子消渇、小便反多、以飲一斗、小便一斗、腎気丸主之」とあり、消渇は糖尿病のことと考えられる
 


糖尿病

八味地黄湯
(はちみじおうとう)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)


@八味地黄湯:「解説」(金匱要略)
 下焦の腎気、(腎臓、副腎、性器等の作用を含めた機能)が虚して尿利不調となり、口渇、多尿、疲労倦怠感、腰痛、性欲減退、外陰部の掻痒感などを目標に用いる、地黄を含む処方で有るから、胃腸障害の起こり易い人には注意を要する、糖尿病は、血糖値が安定すると自覚症状の消失に加え、体が軽くなる、証に随って応用する。

八味地黄湯:「構成」
乾地黄(かんじおう):山茱萸(さんしゅゆ): 山薬(さんやく): 沢瀉(たくしゃ):茯苓(ぶくりょう): 牡丹皮(ぼたんぴ): 桂枝(けいし): 附子(ぶし):





A十全大補湯:「解説」(太平恵民和剤局方)
 
糖尿病の経過が長く、衰弱して食欲が低下し、貧血、浮腫をきたいたものは四君子湯六君子湯などが用いられる。又、高齢者などは皮膚栄養状態が悪くなり、痩せて枯れてくるタイプには、十全大補湯を、証に随って応用する。

十全大補湯:「構成」
人参(にんじん): 黄耆(おうぎ):朮(じゅつ):当帰(とうき):茯苓(ぶくりょう): 地黄(じおう): 川窮(せんきゅう): 芍薬(しゃくやく): 桂枝(けいし): 甘草(かんぞう):







運動、食事療法、血糖値、体調の改善
 糖尿病の患者の中で、厳重に食事を守り、血糖はコントロールされているが、肝腎の本人の体調が悪いという人がある。 食欲がなくて元気が出ず、仕事もできないようでは本当によくなっているとはいえない。このような場合に漢方を併用する事の意味がある。 又、合併症の予防にも漢方の処方を証に随って応用する。

血糖降下の期待される生薬

地黄(じおう) 蒼朮(そうじゅつ) 知母(ちも)
山茱萸(さんしゅゆ) 白朮(びゃくじゅつ) 牡丹皮(ぼたんび)
茯苓(ぶくりょう) 麦門冬(ばくもんとう) 麻子仁(ましにん))
人参(にんじん) 桔梗(ききょう) 黄精(おおせい)  

糖尿病の食養生

砂糖・黒砂糖・水飴・蜂蜜など

パン・麺類・果物

白米

胚芽米・分搗き米
麦・粟・豆・玄米などの雑穀

表(1)

環境汚染物質・残留農薬・ホルモン剤・抗生物質
化学調味料・食品添加物

卵・牛乳・油脂類
肉・魚

米・麦・雑穀
海草・野採

表(2)

表(1)のように糖類の種類によって血糖値の上昇度に違いがあります、
表(2)膵臓や肝臓など、食物の消化に寄与する臓器が、
栄養素の違いでどれほど消化エネルギーを要するか、
上に行くほど、特に脂肪などは、臓器に相当の負担がかかります、
食事療法にお役立て下さい。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表・相談




参考になる処方名

●八味丸 ●大柴胡湯 ●白虎加人参湯 ●麦門冬
●防風痛聖散●十全大補湯 ●八味地黄丸 
 ●清心連子飲  ●小柴胡湯  ●四逆散 ●抑肝散 
●抑肝散加陳皮半夏 ●延年半夏湯


 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です ・・・・


                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る