TOPに戻る。
病名別解説
帯下・おりもの


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



帯下について

帯下の本来の意味は、今日一般によばれているこしけまたはおりものをし指したものではないが、近代医学では、婦人の性器よりの分泌が生理的以上に多い場合を帯下とよんでいるので、ここではこれに従うこととする。
漢方では、白帯下(虚証)、黄色帯下(実証)によって処方を使い分ける、以下に簡単に帯下の状態に因って選択する処方を述べる。

‥当帰芍薬散(白帯下、貧血、冷え性、、易疲労性)、
‥清心蓮子飲 (米のとぎ汁の様な帯下、胃腸虚弱、)
‥五積散(白帯下、冷え性)
‥八味地黄丸(老人性膣炎)、
‥キュウ帰膠艾湯(血性帯下)、
‥竜胆瀉肝湯、(実熱、黄帯下、バルトリン腺炎)
‥荊防敗毒散、(黄帯下、ガンジタ)






帯下・おりもの・陰部掻痒

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)

@竜胆瀉肝湯:[解説]
 
此の方は温清飲を基本とし、清熱、和血、解毒の意味をふくませ、発汗異常、下焦における諸の炎症性疾患、わきが、すそが、帯下、ガンジタなどに用いる。

竜胆瀉肝湯:[構成]
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):地黄(じおう):黄ゴン(おうごん):黄柏(おうばく):山梔子(さんしし):黄連(おうれん):甘草(かんぞう):連翹(れんぎょう)薄荷(はっか):木通(もくつう):車前子(しゃぜんし):防風(ぼうふう):竜胆(りゅうたん):沢瀉(たくしゃ):



A当帰芍薬散:「解説」(金匱要略)
若い人の帯下などで、一般に疲れやすく、冷え性で、胃腸の弱い人に用いるが、金銀花、木通などの加減が必要になる、この処方は先人が様々に工夫を凝らし、伝えられている。肌の調子も改善する。

当帰芍薬散:「構成」
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):茯苓(ぶくりょう): 朮(じゅつ): 沢瀉(たくしゃ):金銀花(きんぎんか):木通(もくつう):



B荊防敗毒散:「解説」(万病回春)
膣炎、帯下にて
カビ、真菌、に対し荊防敗毒散が良く選択される、
加減は当帰、木通、山帰来などの生薬を考慮する。

荊防敗毒散
「構成」
荊芥(けいがい):防風(ぼうふう):羌活(きょうかつ):独活(どっかつ):前胡(ぜんこ):柴胡(さいこ):連翹(れんぎょう):桔梗(ききょう):枳穀(きこく):川窮(せんきゅう):金銀花(きんぎんか):薄荷(はっか):茯苓(ぶくりょう):甘草(かんぞう):





参考になる処方名

●竜胆瀉肝湯 ●当帰芍薬散 ●加味逍遙散  
●荊防敗毒散 ●柴胡加竜骨牡蠣湯 ●八味丸 
●清心蓮子飲 ●人参湯 ●六君子湯 ●温経湯 
●きゅう帰膠艾湯 ●大黄牡丹皮湯  
●桃核承気湯  ●千金内沢散 



・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・


                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る