TOPに戻る。
病名別解説
心悸亢進症
動悸



病名解説に戻る

電話:055-222-7018



心悸亢進・動悸について

心悸亢進症を多く見かけるのは、パセドウ氏病心不全高血圧症心臓神経症、などがある、しかし漢方薬は病名による選択ではなく、症によって選択します、どの処方でも病名にこだわらず選択します。




心悸亢進・動悸

柴胡加竜骨牡蠣湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)
炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
定悸飲(ていきいん)


@柴胡加竜骨牡蠣湯合半夏厚朴湯:「解説」(傷寒論)
自律神経的な不定愁訴に応用する、寝ていても身の置き所がないと言う、気分の落ち着きのないのが目標である。柴胡加竜骨牡蠣湯は、動悸、神経衰弱症、血の道症、狭心症、パセドー氏病に応用される。
半夏厚朴湯は、胸部の胸苦しさ、動悸を落ち着かせ、ストレスによる気の塞りをよくする。また、腹部に動悸を自覚したり、不眠、肩背部のこりを訴えるものに多く応用します。

柴胡加竜骨牡蠣湯半夏厚朴湯:「構成」
柴胡(さいこ): 半夏(はんげ):茯苓(ぶくりょう): 桂枝(けいし):黄今(おうごん):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):人参(にんじん):竜骨(りゅうこつ): 牡蛎(ぼれい):大黄(だいおう):厚朴(こうぼく):紫蘇葉(しそよう): 



A炙甘草湯:「解説」(金匱要略)
気血ともに衰えた体質で、虚性の心悸亢進症、脈の結滞、房室不完全ブロックに応用される。

炙甘草湯:「構成」
炙甘草(しゃかんぞう):生姜(しょうきょう): 桂枝(けいし): 麻子仁(ましにん):大棗(たいそう):人参(にんじん):地黄(じおう):麦門冬(ばくもんどう): 阿膠(あきょう):





<処方の分類>
この表は、漢方薬をわかりやすく、すぐに役立つように専門的な術語を用いずに、
出来るだけやさしく砕いて書いたものです。
 「訴え」は誰でも大体共通していますから、それを「確かめる点」で細別して処方を当てはめてゆきます。「狙い所」漢方的な目の付け所を摘要したものです。
 処方の配列は上から下に向かって大体実証から虚証へ、熱証から寒証への
順序になっています。

訴え 確かめる点 狙い所 処方
心配したり驚いたりなど神経を使うとき急に動悸がして来る 1.体格がよい 興奮し易く、臍傍で動悸を打つ 煩驚、脉緊動 柴胡加竜骨牡蠣湯
2.体格がほっそりしているか肉体が軟いか、或いは貧血している 疲れ易く、疲れてくるとがする 虚労、脉弱 小建中湯
定悸飲
目まいを伴う 痰飲、脉沈 苓桂甘湯
気鬱で、咽から胸元あたりがつまるような気がする 気痞、脉沈弱 半夏厚朴湯
参考 桃核承気湯、桂枝茯苓丸、防風通聖散、桂枝加竜骨牡蠣湯、炙甘草湯、連珠飲、定悸飲、


・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る