TOPに戻る。
病名別解説
脂肪肝


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



脂肪肝について

脂肪肝とは、肝細胞の中に中性脂肪がたまりすぎた状態で、過食、酒類の飲み過ぎ、糖尿病などが原因でおこります。 また、薬剤(副腎皮質ホルモン剤、抗生物質など)の副作用や薬物の中毒でおこることもあります。

検査結果が、慢性肝炎とよく似ていて、見分けがつきにくいものです。
 明らかな肥満があって、コレステロール値やコリンエステラーゼ値が高ければ、栄養過多による脂肪肝が疑われます。
 また、飲酒常習者で、γ-GTPが高値であれば、アルコールの飲み過ぎによるアルコール性脂肪肝が疑われます。
 漢方では脂質代謝を改善し高コレステロールや高脂血症に伴う随伴症状の改善に証に随って応用します。





脂肪肝

柴苓湯(さいれいとう)
柴胡加竜骨牡蠣湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)
補中益気湯
(かみえっきとう)
九味半夏湯(くみはんげとう)



@柴苓湯「解説」(得効方)
小柴胡湯に五苓散を茵陳蒿湯去大黄を合方した処方の加減で有る、免疫性の強化、脂肪肝、食道静脈瘤、肝硬変の予防に、証に随って応用する。熊胆または駆お血剤(丹参、霊芝、)田七人参製剤と併用がよい。

柴苓湯:「構成」
柴胡(さいこ):半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):黄今(おうごん):大棗(たいそう):人参(にんじん): 甘草(かんぞう):沢瀉(たくしゃ): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう): 猪苓(ちょれい): 桂枝(けいし):茵陳(いんちん):山梔子(さんしし):



A補中益気湯:「解説」(医療衆方規矩)
慢性肝炎、ウイルス性肝炎などの、長期間肝臓の炎症が起こり、肝臓だけではなく腎機能弱りが出たり、体力の弱った人に証に随って応用する。

補中益気湯
:「構成」

黄耆(おうぎ):人参(にんじん):朮(じゅつ):当帰(とうき):陳皮(ちんぴ):大棗(たいそう): 甘草(かんぞう): 柴胡(さいこ):乾姜(かんきょう):



B柴胡加竜骨牡蠣湯:「解説」(傷寒論)
生活習慣病、肝機能障害に、自律神経的な不定愁訴に応用する、疲れ易く、寝ていても身の置き所がないと言う様な、気分が安定しないのが目標である。柴胡加竜骨牡蠣湯は、高血圧症、脂肪肝、狭心症、不安神経症、イライラ感に応用される、常に血圧計で測るタイプなどに良い、
半夏厚朴湯と兼用は、胸部の胸苦しさ、動悸を落ち着かせ、ストレスによる気の塞りを改善し、また、腹部に動悸を自覚したり、不眠、肩背部のこりを訴えるものに症状に随って応用します。
加減は、厚朴、蘇葉、釣藤鈎

柴胡加竜骨牡蠣湯:「構成」
柴胡(さいこ):半夏(はんげ):茯苓(ぶくりょう):桂枝(けいし): 黄今(おうごん):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):人参(にんじん):竜骨(りゅうこつ):牡蛎(ぼれい):厚朴(こうぼく):蘇葉(そよう):釣藤鈎(ちょうとこ):



C九味半夏湯:「解説」(飲病論)
この方は石崎朴庵の発明の処方にて凡て飲食の不和より水飲を生じ…中年以降肥満し…とある。もちろん若い人にも良い。
処方中の沢瀉、猪苓、半夏、生姜は、体内組織に停滞した水毒を取り除き、水分代謝を改善する、 牡丹皮、桂枝、芍薬、は血液循環を促進して、血液中にある脂質を取り除き、異常な食欲を抑え、お血、血太りを改善する、便秘している時は毎日1〜2回の通じがあるように大黄を加え、余分な体毒を排出し、血、水太りに応用する。冷え症には木通、細辛を加える。

九味半夏湯:「構成」
桂枝(けいし):牡丹皮(ぼたんび) 芍薬(しゃくやく): 柴胡(さいこ):半夏(はんげ):茯苓(ぶくりょう):甘草(かんぞう):猪苓(ちょれい):沢瀉(たくしゃ):生姜(しょうきょう):升麻(しょうま):檳榔子(びんろうじ):厚朴(こうぼく):蘇葉(そよう):木香(もっこう):








生薬解説

脂質代謝に応用される生薬
黄連 血中脂質 田七人参 血中コレステロール、TG、
NEFA、HDL-コレステロール、
リポ蛋白、アポ蛋白、脂肪肝、実験的粥状硬化
何首烏 血中脂質 忍冬 血中脂質
枸杞子 血中脂質、脂肪肝 木通 血中脂質
柴胡 血中コレステロール、TG
リポ蛋白、アポ蛋白、脂肪肝
黄ごん 実験的粥状硬化
山梔子 血中脂質 甘草 血中脂質、脂肪肝、実験的粥状硬化
蘇木 高脂血症 霊芝 血中脂質、血管収縮性低下
沢瀉 血中脂質、脂肪肝 杜仲 血中脂質
猪苓 脂肪肝 丹参 血中脂質、脂肪肝、実験的粥状硬化



漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談


参考になる処方名

●柴胡桂枝乾姜湯 ●補気建中湯 ●四逆散
  ●柴苓湯 ●桂苓丸  ●加味逍遙散 
  ●分消湯 ●五苓散 ●大柴胡湯 ●大柴胡湯去大黄
●防風通聖散 ●竜胆瀉肝湯 ●通導散 ●補中益気湯  
●柴胡加竜骨牡蠣湯 ●九味半夏湯 ●熊胆 

 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る