TOPに戻る。
病名別解説
掌・足蹠・膿疱症


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



膿胞症・掌・足蹠膿胞について

◆膿疱というのは,皮膚疾患の原発疹の一つであって,限局性の多少盛り上がった膿を包含する発疹である.従って色は黄色や白灰色に見える.通常周囲または基底に発赤を伴っていて,膿疱が破れると疲皮をつける小水疱や丘疹の内容が膿性に変化したものを次的膿疱というし,初めからのものを一次的膿疱という.膿疱は起炎菌の種類によって,形態も性状も異なってくる.
漢方では、比較的に症例も多く、良く相談される病名である。






掌・足蹠膿胞症

五苓散桔梗石膏湯(ごれいさんかききょうせっこうとう)



@五苓散桔梗石膏湯[解説](傷寒論)
皮膚病にて、水疱性の皮膚病に用いる、ストロフィルス、汗胞などに応用する、難治性の皮膚病の体質改善に良い。

五苓散桔梗石膏湯:[構成]
沢瀉(たくしゃ): 白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):猪苓(ちょれい) :桂枝(けいし):桔梗(ききょう):石膏(せっこう):

桔梗石膏:[解説]
化膿性皮膚疾患に応用する、桔梗には排膿作用が有る。









参考になる処方名

●五苓散 ●桔梗石膏湯 ●荊防敗毒散 ●三物黄ごん湯 
●排膿湯 ●十全大補湯 
●十味敗毒湯加連翹 


 
・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・

                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る