TOPに戻る。
病名別解説
のぼせ・赤ら顔


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018




のぼせについて

この表は漢方薬をわかりやすく、すぐに役立つように専門的な術語や診察法を用いずに、出来るだけやさしく砕いて書いたものです。「訴え」は誰でも大体共通していますから、それを「確かめる点」で細別して処方を当てはめてゆきます。「狙い所」漢方的な目の付け所を摘要したものです。処方の配列は上から下に向かって大体実証から虚証へ、熱証から寒証への順序になっています。
 <処方の分類>
訴え 確かめる点 狙い所 処方
顔がぼうっとのぼせる感じ赤くなることもある
(赤ら顔)
体格がよい 熱発は不定 胸や腹に何等容態がなく皮膚がかゆい 浮緊 @桂麻各半湯
熱はない 急にかっとのぼせて来る物を気にする性分、便秘 脉緊上衝心気不足 A三黄瀉心湯
肩こりめまいなどがあり足の方は冷える、便秘 脉緊、上熱下冷 B桃核承気湯
上記より軽い 脉緊、裏血実 C桂枝茯苓丸
体格が弱い 熱がある 頸から上、頬が赤らむ 脉細又は弱 D葛根黄連黄ゴン湯
動悸息切れする 虚熱上衝 E炙甘草湯
熱はない 足が冷え、顔が酒に酔った様に赤くなる 脉沈、水気上衝 F苓桂朮甘湯
参考 麦門冬湯、柴胡桂枝乾姜湯、桂枝加竜骨牡蠣湯、甘草瀉心湯、当帰四逆湯、苓甘姜味辛夏仁黄湯、防風通聖散、

・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る