TOPに戻る。
病名別解説
ニキビ・面疱
化膿性皮膚疾患


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



ニキビ・面胞について

◆ふつう,にきび・面胞という.青春期には皮脂腺の分泌が盛んになり,毛孔のところに分泌物がたまると角質とまざって面疱と呼ばれる脂肪のかたまりになる.これに化膿菌がつくと,発赤して膿をもつようになる(尋常性瘡).顔面に多く出るが胸や背中にも出る.便秘,生理不順,むし歯や,過食,甘いものの食べすぎに注意する.治療として球菌トキソイドの注射(化膿に対する抵抗力をつける),石鹸でよく洗顔すること,硫黄入りの軟膏の外用などがあるが,現代医学的治療で治らず,漢方薬を求めてくる人が多い.
◆漢方
では,患部の発疹の情況と全身の状態を総合的に考えて症状に合った漢方薬を選択する.食事を中心とした養生も必要に応じて指示する.






ニキビ、にきび・面胞について

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
温経湯(うんけいとう)
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)
升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)
逍遙散(しょうようさん)



@当帰芍薬散:[解説](金匱要略)
色白で貧血気味の体質で水はけが悪く冷え性に、身体を温め、血行を改善して、ホルモン系や自律神経系の働きを活発にします。また、肌のトラブルを改善し、排尿を促して水分の代謝異常を改善し、ニキビに応用します。


当帰芍薬散よく苡仁:[構成]
当帰(とうき): 川窮(せんきゅう): 芍薬(しゃくやく):茯苓(ぶくりょう): 朮(じゅつ): 沢瀉(たくしゃ):   
●当帰芍薬散:[応用例]
肌をきれいにするには、体全体の調子を整える事が大切である。



A清上防風湯[解説](万病回春、面病)
にきびの内服薬として有名ですが、比較的体力のある人、とくに高校生などの若い人で顔一面に出る、発赤腫張など炎症症状が著しく、また化膿しやすい派手な、にきびによく用いられます

清上防風湯:[構成]
荊芥(けいがい): 黄連(おうれん): 薄荷(はっか):梔子(しし): 枳実(きじつ): 甘草(かんぞう): 川窮(せんきゅう):黄今(おうごん):連翹(れんぎょう): 白止(びゃくし): 桔梗(ききょう): 防風(ぼうふう):
清上防風湯:[応用例]>
清上防風湯にきびの跡が赤くなっている治らない者、赤ら顔の者、赤ら顔で無くてもニキビが大きく赤いもの、鼻の上が赤い者(酒査鼻)の用い、男性にも多く使う、肉食を控えめにするが良い。



B桂枝茯苓丸[解説](金匱要略)
婦人の血の道の漢方薬である、もっと表現すると、お血を改善する処方である、桂枝茯苓丸に、ヨクイニン(ハトムギ)併用した処方は、ニキビに用いる、桂枝茯苓丸を飲むと異物が排出される事を良く経験する、皮膚も一皮むけたようにきれいになる、のぼせ、肩こり、肝斑(シミ)、月経痛で下腹部が痛むなどを目標に使用する。

桂枝茯苓丸:[構成]
桂枝(けいし): 茯苓(ぶくりょう): 牡丹皮(ぼたんび): 桃仁(とうにん): 芍薬(しゃくやく):



C温経湯:「解説」(金匱要略)
金匱要略の婦人雑病篇に、肌,魚鱗の若く、口唇乾燥とある、@の当帰芍薬散に比べると乾燥感が有る人に応用する、女性らしい皮膚を保つのに、又ニキビにも最適な処方である。ヨクイニンなど合わせて服用すると、皮膚をなめらかにするに良い、また皮膚は内臓の鏡である、当然内分泌のバランスの悪さも漢方で同時に改善をはかる事が出来る。

温経湯:[構成]
呉茱萸(ごしゅゆ):半夏(はんげ):麦門冬(ばくもんどう):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):当帰(とうき):人参(にんじん): 桂枝(けいし):阿膠(あきょう): 牡丹皮(ぼたんび):生姜(しょうきょう):甘草(かんぞう): 



D荊防敗毒散:[解説](万病回春)
此の処方はニキビ、慢性湿疹に用い、副作用が無く、肌が乾燥して、赤み、痒み、化膿を繰り返し、皮膚の色の良くない人にヨクイニンを加えて、証に随って応用する。


荊防敗毒散
:[構成]
荊芥(けいがい): 防風(ぼうふう):羌活(きょうかつ):独活(どっかつ): 柴胡(さいこ):前胡(ぜんこ):薄荷(はっか): 連翹(れんぎょう):桔梗(ききょう):枳殻(きこく):川窮(せんきゅう): 金銀花(きんぎんか): 茯苓(ぶくりょう): 甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう)



E升麻葛根湯:[解説](牛山方考)
此の処方は細かいニキビ(粉刺)、に応用する、香月牛山は牛山方考に面部のニキビ瘡、或いは粉刺に清上瀉下湯などの清熱剤を用いても効なきは、升麻葛根湯に四君子湯 、黄耆、連翹、防風、山梔子、当帰、黄ゴンを加えると常に妙方とある。

升麻葛根湯
:[構成]
升麻(しょうま): 葛根(かっこん):芍薬(しゃくやく):甘草(かんぞう): 黄耆(おうぎ):防風(ぼうふう):柴胡(さいこ): 連翹(れんぎょう):山梔子(さんしし):黄ゴン(おうごん):人参(にんじん): 茯苓(ぶくりょう): 白朮(びゃくじゅつ):生姜(しょうきょう)



F逍遙散:[解説](内科摘要)
皮膚のシミ、ニキビ、色素沈着、疲労、肩こり、頭痛、めまい、不安、不眠、冷え、のぼせ感、怒りなど多様な症状を訴えます。多くの場合、肝気が高ぶり、癇の失調によるよる皮膚のトラブル、内分泌のバランスを調えると肌が潤い、皮膚機能も良くなり老化を防ぎます、症状に随って応用する。

丹梔逍遙散加減:[構成]
当帰(とうき): 芍薬(しゃくやく): 柴胡(さいこ):朮(じゅつ): 茯苓(ぶくりょう):3薄荷(はっか): 甘草(かんぞう): 牡丹皮(ぼたんぴ):梔子(しし):生姜(しょうきょう):ヨクイニン:





ニキビの色で分かる処方の選択の仕方
白いニキビ・・・・・当帰芍薬散
◎青い
・浅黒いニキ・・・・・桂枝茯苓丸
◎赤いニキビ・・・・・清上防風湯がある、
◎皮膚の乾燥のニキビ・・・・・温経湯がある。
◎化膿がひどいニキビ・・・・・防敗毒散・がある
◎細かいニキビ・・・・升麻葛根湯・がある

いづれもヨクイニン(はと麦)と同時に服用する、
しかしあまり色にこだわっては判断出来ない、
むしろ体質的な証による。






参考になる処方名

●当帰芍薬散 ●温経湯 ●十味敗毒湯加連翹 
●桂枝茯苓丸 ●清上防風湯 ●防風通聖散 
 ●治頭瘡一方  ●排膿散 ●升麻葛根湯
●帰耆建中湯 ●荊防敗毒散 
●逍遙散


 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・ 

                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る