TOPに戻る。
病名別解説
ねんざ・打撲


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



 ねんざ・打撲について

打撲症は、いろいろの原因により、皮膚にはあまり損傷がなく、皮下組織や臓器に障害をきたすものである。最近では交通災害による打撲症やむちうち症が多く、重要性を加えている。




◆打撲の処方は戦国時代に様々な処方が考案された、
現代では交通事故の後遺症としても適応される。


◆ねんざ・打撲

治打撲一方
(ちだぼくいっぽう)
桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
桂枝加苓朮附湯
(けいしかりょうじゅつぶとう)


@治打撲一方:[解説](勿誤薬室方函口訣)
打撲による腫脹疼痛に内服する、
交通災害による打撲症むちうち症には漢方の考え方で、お血(おけつ)という考え方が有る、お血の処理の仕方で、後遺症を回避出来る、皮内出血も早く解消する。

治打撲一方
:[構成]
桂枝(けいし):川窮(せんきゅう): 川骨(せんこつ):土骨皮(どこっぴ):甘草(かんぞう): 大黄(だいおう):




A桂枝茯苓丸[解説](金匱要略)
金匱要略の婦人妊娠病 「婦人宿(つと)に徴病(血塊、腫物)あり」とある、下腹部に、お血、血滞、(鬱血、凝血)が有って気の動揺、神経症状のある者に用いる、婦人科的な疾患だけではなく、打撲にも非常に応用範囲が広く、眼に見えない微細毛細血管の血液の流れをよくする。顔の赤みも取れ、肌が美しくなる。

桂枝茯苓丸:[構成]
桂枝(けいし):茯苓(ぶくりょう): 牡丹皮(ぼたんび):桃仁(とうにん):芍薬(しゃくやく):



B桂枝加苓朮附湯[解説](方機)
漢方の名医、浅田宗伯がフランス公使レオン、ロッシュの頑固な腰痛を治した薬として有名、公使レオン、ロッシュは落馬による後遺症に悩まされていた、交通事故外傷、むち打ち症、リュウマチ、神経痛などで「冷えると古傷がうずく」者に適応で「胃腸に優しい鎮痛剤」と覚える。

桂枝加苓朮附湯:[構成]
桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく):生姜(しょうきょう): 大棗(たいそう):朮(じゅつ): 附子(ぶし): 茯苓(ぶくりょう):





<打撲症
民間療法
「楊柏散」 楊梅皮を卵白あるいは酢で、良く混和し、泥状に成ったものを湿布すると吸収を促し、痛みを和らげ、回復を早める、昔の軍隊のシップ薬して、(糾れい根)というシップ薬が有る。
菊花と紅花をあわせ濃縮して温湿布すると打撲によって腫れて紫黒色になっているのが4−5日でとれると山田業精が推奨している。
芭蕉の葉と茎を共に煎じてのむと一切の打撲症に良いと津田玄仙の経験で有る。



参考になる処方名

●治打撲一方  ●葛根湯 ●葛根加朮附湯 
 ●桂枝茯苓丸 ●独活葛根湯 ●通導散  ●三黄寫心湯 
●桃核承気湯  ●楊柏散 ●糾れい根 ●桂枝加苓朮附湯



・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・


病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る