TOPに戻る。
病名別解説
夏ばて・注夏病



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018




 夏ばて・注夏病について

夏ばては漢方では「注夏病(ちゅうかびょう)」と呼ばれる。土用の丑の日を食するのもその予防であろう、漢方では代表的な処方に《内外傷弁惑論》の清暑益気湯(せいしょえっきとう)がある。体がだるく、食欲がなく、冷たいものを欲しがり、下痢や便秘、むくみなどの症状に非常に良い。

虚弱な人にては、盛夏を過ぎ、食欲が出ないのは、盛夏に水分、冷たいものを取りすぎ、暑さで汗をひどくかく一方で冷房にあたりすぎて胃腸の機能低下を招いた結果である。このようの状態に良い漢方の処方が応用されている




 夏ばて・注夏病

清暑益気湯(せいしょえっきとう)
かく香正気散(かくこうしょうきさん)

@清暑益気湯:「解説」
注夏病(夏ばて)の処方である。
清暑益気湯:(内外傷弁惑論)は、日本の夏の様な高温多湿な環境にて、此の時期に虚弱な人が起こしやすい(注夏病)の漢方薬である。
注夏病は、万葉集にも鰻を食べて予防すると有る、その処方構成の主旨は長夏に湿熱が人を蒸して引き起こした病態、《換言すれば外気温の上昇や、外界湿度の過多の為に、結果として鬱熱現象が起こり、心身の疲労状態やこれに伴う諸種の病状》を予防、改善する処方である。

これらの症状は、古くは不完全型の脚気症の症状として理解されたり、或は、近頃では慢性疲労・胃腸虚弱・自律神経失調・肝臓病と思える一連の症状である、此の様な身体症状によい。
◎夏ばてだけでは無く、上述の症状に幅広く用いる。

清暑益気湯:「構成」
人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 陳皮(ちんぴ):黄柏(おおばく):当帰(とうき):麦門冬(ばくもんとう):五味子(ごみし):黄耆(おおぎ):蒼朮(そうじゅつ):甘草(かんぞう):
<その症状とは>
◆疲れやすく、全身倦怠して、口が渇き、便が軟便になったり、或は食欲不振に陥ったり、或は微熱が出たり、四肢が煩熱したり、浮腫がでたり、自然と汗がわき出たり、身疼痛が起こったりして、心身共に疲労困憊して、無気力の状態がでる事がある。




Aかく香正気散:「解説」(太平恵民和剤局方)
夏に起こり安い、下痢や吐き気の胃腸のトラブルに応用する。夏の湿気により、体調を崩した場合に適応となる機会が多い。
特に、ビールなどのお酒を多く過ごした日の翌日、体がだるく、熱っぽかったり寒気がしたり、また気分が落ち込んだり、下痢や吐き気、夏の風邪にも応用する。

夏は通常汗をかきやすい季節であるが、外に湿気が多いと十分に汗がかけず、内に湿気がこもりやすい。また、普段から体に余分な水分の多い、いわゆる水毒を保有する人には、特にこの症状が顕著である。この処方は、体にこもった湿気を外に促すことで、症状の改善をはかる。

かく香正気散:「構成」(太平恵民和剤局方)
白朮(びゃくじゅつ): 半夏(はんげ): 茯苓(ぶくりょう):厚朴(こうぼく):陳皮(ちんぴ):大棗(たいそう):桔梗(ききょう):大腹皮(だいふくひ):かく香(かくこう):白止(びゃくし):甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう):蘇葉(そよう)

漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談



参考になる処方名

清暑益気湯
 ●生脈散 
●かく香正気散


・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る