TOPに戻る。
病名別解説
メニエール症
めまい・眩暈



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018




 メニエール症・めまい・眩暈について

めまいは内耳や眼の疾患で起こるばかりではなく,神経症,胃アトニー,胃下垂,高血圧症,低血圧症,血の道症,脳貧血,脳充血,肩こりなどによっても起こる.漢方では次のような処方が証に随って応用される.



 メニエール症・めまい・めまい


苓桂求甘湯加沢瀉(りょうけいじゅつかんとう)
半夏白朮天麻湯
(はんげびゃくじゅつてんまとう)
釣藤散(ちょとうさん)
沢瀉湯(たくしゃとう)



@苓桂求甘加減[解説](傷寒論)
本方は、めまい、動悸(どうき)など身体動揺感を主体とした自律神経系の失調症状に用います。また抑うつ傾向のある不安神経症や不眠症にも応用します。その他仮性近視や慢性軸性視神経炎などの眼科疾患にも証に随って応用される。沢瀉は薬徴耳目聡明にすると有る。

苓桂求甘湯加減:[構成]
茯苓(ぶくりょう): 桂枝(けいし): 朮(じゅつ):甘草(かんぞう):沢瀉(たくしゃ):
苓桂求甘湯加減:「目標」
水毒ぎみ、舌に歯根がある。靴下のあとがくっきり付く。 普段胃腸が弱く、時々動悸がする。下腹が突っ張る。生理があがりそうで、足がひえ、顔がのぼせる。立ち上がると回転性のめまいが起こり、歩くとフラーとする。朝は目が腫れぼったく、手が握りにくい。耳鼻科の異常は認めない、など、証に随って応用される。
又 血の道の桂枝茯苓丸との併用も証に随って応用される。
 



A半夏白朮天麻湯:[解説](脾胃論)
本方は、頭痛とめまい、副鼻腔炎に用いる漢方処方です。天麻には驚風痙攣を沈める作用が有り、もともと血圧(低くなる)が安定しない人や、胃腸虚弱があって手足が冷えるような、つれる人に適します。痰飲によって、起こる原因症状に応用します、胃腸無力症やアトニー体質で、頭痛、頭重、めまい、冷え、疲労、肩こりなどを訴え、ときに悪心(おしん)や嘔吐(おうと)を伴うものに、応用されるされます。

半夏白朮天麻湯:[構成]
半夏(はんげ):白朮(びゃくじゅつ): 陳皮(ちんぴ): 茯苓(ぶくりょう): 天麻(てんま):生姜(しょうきょう): 神麹(しんぎく): 黄耆(おうぎ): 人参(にんじん): 沢瀉(たくしゃ): 黄柏(おうばく): 乾姜(かんきょう):   
半夏白朮天麻湯:「目標」
慢性の副鼻腔炎で後鼻漏があり、咽に痰が回り、頭痛、肩こりを訴える者で、胃腸の調子が悪く、葛根湯類(麻黄剤)の使用できない者によい。
天麻:「薬徴」眩暈、頭痛を治す。



B釣藤散:「解説」(普濟本事方、頭痛、頭暈諸方)
動脈硬化があり、早朝に頭が痛くなる、又甘い物を取りすぎた時も起こる、のぼせが起こり、肩もこる、めまいが時にある、耳鳴りがする、目が痒く、くしゃくしゃする、つまらぬ事で腹が立つ、体が宙に浮いた様で、足がふらつく者に応用する。釣藤鈎は頭部血流の改善になり、脳血管障害の予防になる

釣藤散:「構成」
釣藤(ちょうとう):橘皮(きっぴ):半夏(はんげ):麦門冬(ばくもんどう):茯苓(ぶくりょう):人参(にんじん):菊花(きくか): 防風(ぼうふう):石膏(せっこう): 甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう):    
<釣藤鈎(ちょうとこ)の薬理
釣藤鈎(ちょうとこ)は中枢性には脳血流を良くし、脳動脈の攣縮を防ぎ、
合わせてセロトニン代謝を調節して抗うつ作用を有し、
また末梢性には血行動態を改善する。



C香蘇散加減「解説」(太平恵民和剤局方)
めまい、冷え、憂鬱感、疲労感、頭痛、肩こり、動悸、歩くとフラッとなる(回転性のめまい)、気分がいたたまれなくなる、咽のつかえ感、異物感など、胸苦しさ、むくみなどに応用します、煎じ薬は香り、味も良く服用し易く症状によって生薬の加減をする事がよい。

香蘇散加減:[構成]
桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく):木通(もくつう):半夏(はんげ):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):灯心草(とうしんそう):桑白皮(そうはくひ):大腹皮(だいふくひ):羌活(きょうかつ):茯苓(ぶくりょう):蘇葉(そよう):青皮(せいひ):沢瀉(たくしゃ):白朮(びゃくじゅつ):




参考になる処方名

●苓桂朮甘湯 ●半夏厚朴湯 ●半夏白朮天麻湯 ●真武湯
 ●当帰芍薬散●桂枝茯苓丸 ●沢瀉湯 ●三黄瀉心湯 
●加味逍遙散 ●柴胡加竜骨牡蠣湯●釣藤散 
●五苓散 ●小半夏加茯苓湯
・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る