TOPに戻る。
病名別解説
肝臓病


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018


肝臓病について

慢性肝炎に柴胡剤がよく使われているが、証に随って選択をする漢方の使い方が良い、確かに肝炎の自覚症状に季肋部の不快感や他覚的抵抗圧痛は(胸胸苦満)に似ているが、すべての肝炎には適応しない。

一般に、初期には柴胡剤の適応が多いが、病気が長引くにつれて、柴胡が入っている処方でも、補剤が組み込まれた処方の選択が必要になる。又血液の流れを改善する漢方処方や、消化器を立て直す処方を選択することによって血液検査などが、自覚症状の改善に役立ち、その後に正常な状態に推移する事が多い。
肝炎にによる食道静脈瘤や、腹水の予防、手足の浮腫、ウイルス性肝炎による免疫力の低下予防などにも漢方処方がいくつか有る





肝臓病・肝硬変・ウイルス性肝炎


柴苓湯(さいれいとう)
補中益気湯
(ほちゅうえっきとう)



@柴苓湯「解説」(得効方)
小柴胡湯に五苓散を合方した処方の加減で有る、免疫性の強化、脂肪肝、食道静脈瘤、肝硬変の予防に、証に随って応用する。また駆お血剤と併用がよい。

柴苓湯:「構成」
柴胡(さいこ): 半夏(はんげ): 生姜(しょうきょう): 黄今(おうごん):大棗(たいそう): 人参(にんじん):甘草(かんぞう): 沢瀉(たくしゃ): 白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう): 猪苓(ちょれい): 桂枝(けいし):



A補中益気湯:「解説」(医療衆方規矩)
慢性肝炎、ウイルス性肝炎などの、長期間肝臓の炎症が起こり、肝臓だけではなく腎機能弱りが出たり、体力の弱った人に証に随って応用する。

加味益気湯:「構成」
黄耆(おうぎ):人参(にんじん): 朮(じゅつ): 当帰(とうき): 陳皮(ちんぴ): 大棗(たいそう):甘草(かんぞう): 柴胡(さいこ): 乾姜(かんきょう): 升麻(しょうま):




参考になる処方名

●補中益気湯 ●柴胡桂枝乾姜湯 ●補気建中湯 
●四逆散 ●柴苓湯 ●桂枝茯苓丸 ●加味逍遙散  
●柴胡桂枝湯 ●分消湯  ●四苓散 ●五苓散 
 ●十全大補湯 ●大柴胡湯 ●竜胆瀉肝湯 

                    

・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・



病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る