TOPに戻る。
病名別解説
月経不順・月経困難症
生理痛・子宮内膜症・
卵巣膿腫・月経前緊張症



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



月経不順・月経困難症月経前緊張症について

ふつうの人でも,月経前の数日から月経中にかけて,いろいろな肉体的精神的な症状があらわれる.特に下腹部や腰の痛みがひどく就寝しなければならないときは,月経困難症と考えられる.この場合子宮内膜症,卵巣膿腫,子宮筋腫,子宮発育不全などの器質的変化のある場合にも漢方は適応し得るが,機能的な場合にはさらに適応である.骨盤臓器のお血は、大脳、間脳、脳下垂体のホルモンのバランスを乱す結果と思われる。

月経困難症
を昔は月信痛といった.その他,経痛,痛経,血行腹痛などといい,月経が少量で腰痛を起こすものを血癧痛といった.月経困難症など、生理の前後のトラブル、月経前緊張症などにもよい処方がある。






月経不順・無月経・月経困難症・月経前緊張症

折衝飲
(せっしょういん)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
温経湯(うんけいとう)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
抑肝散(よくかんさんかげん)
キュウ帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
加味逍遙散(かみしょうようさん)
逍遙散(しょうようさん)


@折衝飲:[解説](産論)
婦人のお血症で、虚実中等度以上、体力も充実度が中以上のもの。お腹にガスが溜まりやすく、子宮内膜証、子宮出血、激しい下腹痛、腰痛に、症状に対して選択される。

折衝飲[構成]
牡丹皮(ぼたんぴ): 川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく): 桂枝(けいし):桃仁(とうにん): 当帰(とうき): 延胡索(えんごさく): 牛膝(ごしつ): 紅花(こうか):



A桂枝茯苓丸[解説](金匱要略)
金匱要略の婦人妊娠病「婦人宿(つと)に徴病(血塊、腫物)あり、、」とある、下腹部に、お血、血滞、(鬱血、凝血)が有って気の動揺、神経症状のある者に用いる、婦人科的疾患、子宮内膜炎、(実質炎、周囲炎)、卵巣炎、月経不順、月経困難症に、症状に対して選択される。
(お血)粘り気のある生理が改善されると、生理痛もだいぶ楽にり、顔の赤みも取れ、肌がきれいなる、肌は内蔵の鏡である。
又、子宮筋腫にはヨクイニン、別甲を加えて使用する。

桂枝茯苓丸:[構成]
桂枝(けいし):茯苓(ぶくりょう):牡丹皮(ぼたんび):桃仁(とうにん):芍薬(しゃくやく):



B温経湯[解説](金匱要略)
 温経湯を月経不順、月経困難症に用いるのは、金匱要略の婦人雑病篇の条文による.「婦人小腹寒さ久しく胎を受けざるを治す、」
「婦人の病は,虚に因って積冷結気し,諸々の経水断続を為し,歴年有るに至って,血寒え,胞門に積結し,寒,経絡を傷る.・・・

経水断続を月経不順、月経困難、排卵痛、無排卵、過長月経に、胞門に積結を月経・排卵に伴う不定愁訴の症状に応用する。
@、Cの処方に比べると疲れ易く、冷え、上半身ののぼせ、肩凝りがあり、皮膚が乾燥するものに選択される。
不妊症


温経湯:[構成]
呉茱萸(ごしゅゆ): 半夏(はんげ): 麦門冬(ばくもんどう):川窮(せんきゅう): 芍薬(しゃくやく):当帰(とうき):人参(にんじん):桂枝(けいし): 阿膠(あきょう): 牡丹皮(ぼたんび): 生姜(しょうきょう): 甘草(かんぞう):
 
(ブログ)ダイエットと月経不順

C当帰芍薬散[解説](金匱要略)
当帰芍薬散加減は生理の前後のトラブルに良い、Bの温経湯に比べると、水毒=水太りの傾向のある体質に用い、体の水はけ、新陳代謝を改善する、月経前のイライラ、眠気、浮腫症状に対して選択される。冷えの強い無月経には附子を加える。

当帰芍薬散
:[構成]
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):茯苓(ぶくりょう):白朮(びゃくじゅつ):沢瀉(たくしゃ):



D当帰四逆加呉茱萸生姜湯:[解説](傷寒論)
月経困難症にて、四肢(しし)の末端の、冷えがはなはだしく、貧血浮腫の傾向があるもの生理痛、がす腹にて腹痛のあるもの。
不妊症、排卵障害に応用する。
 
当帰四逆加呉茱萸生姜湯:[構成]
当帰(とうき):桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく): 木通(もくつう): 細辛(さいしん):甘草(かんぞう):大棗(たいそう): 呉茱萸(ごしゅゆ):生姜(しょうきょう):




E抑肝散:[解説](撮要)
抑肝散加減は月経前緊張症に良い、温経湯に比べると、月経前のイライラ、眠気、逆上、腹痛、夫との口論、の様な、月経前緊張症にはこの処方が良い、症状に対して選択される。

抑肝散
[構成]

当帰(とうき):釣藤鈎(ちょうとこ):川窮(せんきゅう):茯苓(ぶくりょう):白朮(びゃくじゅつ): 柴胡(さいこ): 甘草(かんぞう):



Fキュウ帰調血飲「解説」(万病回春)
経失調の諸神経症状に用いる、悪血を去り、脾胃消化器系の働きをよくし、この処方が有効な症状は、頭痛、めまい、気分の落ち込み、浮腫、動悸、のぼせ、不眠等、自律神経失調症状、血の道症、月経前緊張症、月経不順などに守備範囲が広く、昔から実績がある処方です。

キュウ帰調血飲「構成」
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):熟地黄(じおう):白朮(びゃくじつ):茯苓(ぶくりょう):陳皮(ちんぴ):烏薬(うやく):香附子(こうぶし):牡丹皮(ぼたんぴ):益母草(やくもそう):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):乾姜(かんきょう):



H加味逍遙散:「解説」(内科摘要)
本方は、更年期障害にて、神経質過敏、憂鬱感、イライラ感、頭痛、微熱、冷え、のぼせ、便秘など便が快通しない症状に応用し守備範囲の広い血の道の処方です。

丹梔逍遙散:「解説」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):柴胡(さいこ):甘草(かんぞう):牡丹皮(ぼたんぴ):梔子(しし):生姜(しょうきょう):薄荷(はっか):香附子(こうぶし):川窮(せんきゅう):



I逍遙散:「解説」(医貫)
本方は、脳下垂体のホルモンのバランスの乱れによる、高プロラクチン血症、神経質過敏、憂鬱感、痰鬱の症状に応用し守備範囲の広い血の道の処方です。

逍遙散:「解説」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):柴胡(さいこ):貝母(ばいも):牡丹皮(ぼたんぴ):橘皮(きっぴ):生姜(しょうきょう):薄荷(はっか):黄連(おうれん):




漢方薬の選択は、下記の問診表にてご相談下さい。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談


参考になる処方名

●桂枝茯苓丸 ●当帰芍薬散  
●桃核承気湯 ●温経湯 ●折衝飲 ●当帰建中湯 
●抑肝散 ●当帰四逆加呉茱萸生姜湯 
 ●鹿茸 ●逍遙散  ●キュウ帰調血飲 ●加味逍遙散 



・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る