TOPに戻る。
病名別解説
クローン病

病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



クローン病について

クローン病は原因不明の慢性消耗性疾患で腹痛、下痢、発熱、貧血などの症状と潰瘍による隣接臓器及び周囲組織への穿孔、腸管狭窄などを起こす。口から肛門にいたるまでいずれの部分も犯すといわれている。若年者に見られるが、時には初老のものにもみられる。
 クローン病は難治性の疾患であり、内科的治療で治癒することは稀で、その経過中に外科的手術が必要となる場合がしばしばである。しかも手術後の再発率は40〜60%と高く、手術後の瘻孔は難治性になりやすいという報告がある。このような状況の中、漢方においては西洋医学を優先し補助的に応用する。

・腹腔内に膿傷
・管空臓器どうしの穿孔
・結腸膀胱瘻
・吻合部再発



クローン病

千金内托散(せんきんないたくさん)
伯州散(はくしゅうさん)



@千金内托散:「解説」(万病回春)
化膿症で虚状を呈し、体力消耗の傾向のあるものに体力を付けて治癒機転を促進させる、症状に対して選択する。
癰疽、化膿症に重要な処方である、排膿機能を壮んにさせるなど、症状に対して応用する。

千金内托散
:「構成」

人参(にんじん):当帰(とうき):黄耆(おおぎ):川窮(せんきゅう):防風(ぼうふう):桔梗(ききょう):厚朴(こうぼく):桂枝(けいし):白止(びゃくし):甘草(かんぞう):



A伯州散:「解説」(大同類聚方)
日本における陰症の(よう)ならびに慢性潰瘍の主要な方剤である。腹腔内に膿傷、下腿潰瘍、凍傷の潰瘍、結核性の瘻孔、寒性膿瘍、痔瘻をはじめ、乳腺炎、中耳炎、カリエスの化膿性疾患の治療しにくいものに応用する。『外科倒し』という異名をもつ。

伯州散:「構成」
津蟹 反鼻 鹿角。各霜等分   伯州散  




参考になる処方名 

●千金内托散 ●伯州散 


 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・


病名別解説戻る

坂本薬局のトップに戻る